公益社団法人 日本表面真空学会



2020年1月研究例会「ペロブスカイト太陽電池と真空・表面」

主催

日本表面真空学会

開催日

2020年1月29日(水)13:00~17:00(受付12:45~)

締切日

2020年01月27日

会場

機械振興会館 地下3階 B3-1号室 交通アクセス
(東京都港区芝公園3-5-8)

プログラム

 ペロブスカイト構造を持つ有機金属ハライド化合物を光電変換層とするいわゆる「ペロブスカイト太陽電池」は、近年では25%に迫る高い光電変換効率が報告される一方、実用化を目指した大面積モジュール開発も企業において進められるなど、世界の太陽電池開発における中心的な存在となっています。このペロブスカイト太陽電池は、多くの研究ではいわゆる「溶液塗布法」で製造されていますが、大面積単結晶成膜を目指した真空蒸着の研究も行われています。また、エリプソメトリーや電子分光などによる表面状態の解析も多岐にわたって行われています。本研究例会では第一線の研究者の方々をお迎えして、ペロブスカイト太陽電池の基礎と実用化の動向に関して、「真空成膜・表面分析」に主眼を置いた研究についてご講演をいただきます。

講演プログラム

開会の挨拶       (日本表面真空学会研究例会企画専門部会,埼玉大) 上野啓司 13:00~13:05

無機・有機ペロブスカイト薄膜太陽電池における真空・表面
-エリプソメトリーによるペロブスカイト形成反応診断- (埼玉大) 白井 肇 13:05~13:40

有機鉛ハライドペロブスカイトの結晶成長と放射光解析    (産総研) 宮寺哲彦 13:40~14:15

ペロブスカイト/シリコンタンデム太陽電池の作製プロセス開発
                                                                           (神奈川大) 松木伸行 14:15~14:50

                     休  憩                                                               14:50~15:10

フィルム型ペロブスカイト太陽電池大面積モジュールの開発
                                                                           ((株)東芝) 都鳥顕司 15:10~15:45

ペロブスカイト単結晶の表面・界面電子分光             (東京理科大) 中山泰生 15:45~16:20

ハロゲン化鉛ペロブスカイトのヘテロエピタキシー    (東大先端研) 近藤高志 16:20~16:55

閉会の挨拶
         (日本表面真空学会研究例会企画専門部会、キオクシア(株)) 守山佳彦 16:55~17:00

参加定員

50名(定員に達し次第締め切ります)

費用

日本表面真空学会個人正会員,法人正会員,維持会員,賛助会員 3,000円(予稿集代を含む)
協賛学協会会員                                                            3,000円(予稿集代を含む)
非会員                                                                  5,000円(予稿集代を含む)
学 生                                                                  無 料(予稿集代1,000円)

申込方法

こちらの申し込みページからお申込みください。
※お申込み完了後、受付完了メールが自動返信されます。
   受付完了メールが届かない場合は、事務局までご連絡ください。

支払方法

当日受付にてお支払いください。
※なるべくお釣りのないようご準備ください。

協賛

応用物理学会、日本真空工業会(予定)

備考

問合せ先: 公益社団法人日本表面真空学会 事務局
                TEL 03-3812-0266 FAX 03-3812-2897 E-mail: office@jvss.jp

本件担当: 日本表面真空学会 研究例会企画専門部会 上野啓司(埼玉大)



日本表面真空学会 事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル5階 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2018- The Japan Society of Vacuum and Surface Science