公益社団法人 日本表面真空学会

会長からのご挨拶

公益社団法人 日本表面真空学会 会長 大門 寛

 本年2018年5月13日(日)の総会で新しい日本表面真空学会会長に指名されました、大門です。どうぞ宜しくお願い致します。
 皆様ご承知のように、昨年までの公益社団法人日本表面科学会と一般社団法人日本真空学会は4月1日をもちまして正式に合併し、新しく公益社団法人日本表面真空学会が誕生しました。2018年5月13日(日)に総会が行われ、定款の改訂と新役員の選任が承認され、日本表面真空学会が実質的にスタートしました。その総会に引き続き、藤嶋昭先生による特別講演会、および、多くの来賓の方々を迎えての設立記念式典が行われ、新学会は順風満帆に船出しました。合併することによって、個人会員数は約2,200名となり、企業法人会員も2倍の250社程に増え、中規模の学会となりました。法人正会員という真空学会の制度を引き継いでいるため、産業界との連携が一段と強くなったことも特徴です。
 これまで旧日本表面科学会が行ってきた表面・界面・ナノ物性科学と、旧日本真空学会が行ってきた真空に関する科学技術は、下図のそれぞれの〇に示すように重ならない部分多く相補的な関係にありました。それぞれの学会が影響力を持っている産業界・他学会・団体・人材貢献の範囲も、下図に示すように重ならずに幅広く広がっていました。このように、共通部分を持ちつつも、お互いにない多くの分野を合わせることで、日本表面真空学会は学術的のみならず、産業・応用的な観点からも、とても強力で広範囲にわたり社会貢献できる学会になりました。

 また、国際事業に関しては、旧日本表面科学会は独自で700名規模の国際会議ISSSを開催し、国際賞Rohrerメダルや国際フェローなども創出して国際的な地位を固めてきました。この分野を国際的にまとめているのはIUVSTA(国際真空科学技術連合International Union for Vacuum Science, Technique and Applications)であり、旧日本真空学会がそのメンバーでした。IUVSTAの活動範囲は、図中の〇で示した旧日本表面科学会と旧日本真空学会を合わせた領域であり、新しい日本表面真空学会の活動内容とIUVSTAの活動内容が完全に一致するようになり、今までにない好相性のメンバー学会として強力に活動できるようになりました。
 このように、新しい日本表面真空学会は、これまでよりも国際的で大きな総合的学会になりました。この合併により、個人会員の皆様にとっては、活躍の場が大きく広がり、知識の多様化と深化がさらに図られるようになることが、産業界からの参画企業の方々にとっては、表面・真空両方の科学者との交流が広がり技術が益々向上することが期待されます。新しい表面分析装置や真空関連製造装置の開発などが促進され、日本の先端産業の高度化も期待されます。これらの活動により、新しい日本表面真空学会は、「持続可能な開発目標SDGs」(2015年に国連で採択された国際開発目標)やSociety 5.0(第5期科学技術基本計画において目標とされた我が国が目指すべき未来社会)の実現に貢献していきます。微力ながら、日本表面真空学会が益々発展するよう会員や役員の皆様と共に尽力していく所存ですので、より一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成30年8月25日

入会案内

最終更新日:2018年09月20日

日本表面真空学会 事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル5階 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2018- The Japan Society of Vacuum and Surface Science