実用表面分析セミナー2022(第23回)のご案内


 表面分析の初心者から一歩進んだ分析手法を模索している方までを対象とした「実用表面分析セミナー」を開催いたします。
 本セミナーでは分析機器メーカーや分析会社の協力により、講演とポスター展示を併設して、表面分析の応用面における情報交換の
場を提供いたします。表面分析の解析技術向上に役立つ最新の分析技術の紹介や、各種材料に特有のノウハウやヒントになる内容を
たくさん盛り込んでおります。また、参加企業と個別にご相談いただける交流会も開催します。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。


主 催:日本表面真空学会 関西支部
協 賛:応用物理学会、日本化学会、日本物理学会、日本分析化学会近畿支部、日本分光学会、日本質量分析学会、化学工学会、
高分子学会、日本金属学会、日本顕微鏡学会、電気化学会、日本材料科学会、表面技術協会、日本分析機器工業会、
触媒学会、日本放射光学会、日本セラミックス協会、日本鉄鋼協会、軽金属学会、日本真空工業会、近畿化学協会、
応用物理学会関西支部、兵庫工業会、ひょうご科学技術協会、新産業創造研究機構(協賛依頼中を含む)
開催日:2022年11月17日(木)10:40~16:40
場 所:神戸大学 百年記念館六甲ホール(神戸市灘区)
https://www.kobe-u.ac.jp/info/outline/facilities/centennial-hall/index.html
・阪急「六甲」駅から徒歩約15~20分
・阪神「御影」駅、JR「六甲道」駅、阪急「六甲」駅から
 神戸市バス36系統鶴甲団地行き乗車 「神大文理農学部前」下車

プログラム

10:40開会あいさつ日本表面真空学会関西支部 支部長  白藤 立
<一般講演1> 10:45~12:00
10:459.25keV 液体Ga線源を用いた実験室系硬X線光電子分光装置のご紹介シエンタ オミクロン株式会社   町田 雅武
11:00最新のフルオート多機能走査型XPSの紹介アルバック・ファイ株式会社   井上 りさよ
11:15SIMSにおけるBackSide-SIMSの事例紹介東芝ナノアナリシス株式会社   千代村 真
11:30高S/N、高歩留まり、高領域分析を達成した
 最新型3次元アトムプローブ装置6000シリーズの紹介
アメテック株式会社       石川 真起志
11:45顕微ラマンマッピングを用いた動的評価株式会社日東分析センター    長谷川 加奈
<ポスターセッション・展示 & 昼食> 12:00~13:00
<一般講演2> 13:00~13:45
13:00ここまでできる!
 レーザーラマン顕微鏡を用いた最表面ラマンイメージング
ナノフォトン株式会社      足立 真理子
13:15顕微ラマンを用いた分析事例の紹介株式会社カネカテクノリサーチ  𠮷田 雅志
13:30GD-OESを用いた分析事例の紹介株式会社堀場テクノサービス   西村 智椰
<特別講演>  13:50~14:50
13:50半導体光触媒のオペランド界面計測
 :ダイアモンドプリズムを用いた光学分光と溶存酸素の高速検出
神戸大学 分子科学研究所特別研究部門
 教授  大西 洋
<一般公演3> 14:55~15:40
14:55AFMを用いた最新評価事例株式会社島津テクノリサーチ   森口 志穂
15:10AFM/CSI/SEMの最新技術から相関解析ソリューションへの展開株式会社日立ハイテク      栃本 貴志
15:25ナノインデンターを用いた薄膜・コーティング膜表面の特性評価株式会社住化分析センター    小國 祐美子
<ポスターセッション・展示> 15:40~16:40

  【ポスター出展企業】 上記企業および 日本電子株式会社

参加・お申し込み方法

無料

学会会員および表面科学基礎講座受講者には無料配布、その他の方で希望される方には実費で頒布します。(一般2000円、学生1000円)

2022年11月16日(火) ◆ポスターセッション・企業展示の見学参加のみの場合も申し込みをお願いします◆

お申し込みはこちらから

※ お申込み完了後、受付完了メールが自動返信されます。受付完了メールが届かない場合は下記までご連絡ください。


日本板硝子(株) 湊 淳一
Tel: 072-781-0081 E-mail: Junichi.minato[at]nsg.com ⇒ [at]は@に変更してください