第14回 役に立つ真空技術入門講座のご案内

お申し込みはこちらから

本講座では、真空機器の取り扱い経験の無い社員の方や、これから研究を始める学生の方々を主要な受講者と考えております。
真空について全く学習したことがないのに、真空機器を操作している技術者や学生の方に対して、真空に関する基礎知識を 身に付けていただくことを主眼としております。
両日とも、講義後に質問や相談の時間を設けておりますので、 講義の内容や日頃疑問に思っていることなど多くの質問をお受けいたします。
社員研修等にぜひともお役立てください。

主 催:公益社団法人日本表面真空学会 関西支部
協 賛:触媒学会、電気化学会、日本分光学会、日本真空工業会、新産業創造研究機構、応用物理学会、
応用物理学会関西支部、応用物理学会薄膜・表面物理分科会、センシング技術応用研究会、
日本材料学会関西支部、軽金属学会、電子情報通信学会、日本金属学会、日本放射光学会、
ニューセラミックス懇話会、新無機膜研究会、電気学会、エレクトロニクス実装学会関西支部、
日本エネルギー学会、エネルギー・資源学会、日本環境化学会、日本複合材料学会、精密工学会関西支部、
日本包装技術協会、表面技術協会(依頼中を含みます)
開催日:2022年8月31日(水)・9月1日(木)
場 所:オンラインウェビナー
⇒ ウェビナー情報は参加登録者様にメールで連絡を差し上げます(8/25頃)
 ※ 参加費のご入金が確認できなかった場合を除きます

プログラム

10:00~10:10開会あいさつ関西支部長 白藤 立(大阪公立大学)
10:10~11:10真空の概念Ⅰ後藤 康仁(京都大学)
11:10~11:20休憩
11:20~12:40真空の概念Ⅱ後藤 康仁(京都大学)
12:40~13:30お昼休憩
13:30~14:20真空系の構成加々見 丈二(神港精機)
14:20~15:20真空ポンプ杢尾 亙一(大阪真空機器製作所)
15:20~15:30休憩
15:30~16:30真空の取り扱い中嶋 薫(京都大学)
16:30~16:40休憩
16:40~17:10真空部品の保守中嶋 薫(京都大学)
17:10~17:30質問・相談コーナー
10:00~11:00真空計測安江 常夫(大阪電気通信大学)
11:00~11:50真空装置のトラブル事例と対策西川 博昭(近畿大学)
11:50~13:00お昼休憩
13:00~14:00低・中真空の産業応用筧 芳治(大阪産業技術研究所)
14:00~15:00中・高真空:機能性薄膜作製の基礎と応用鈴木 基史(京都大学)
15:00~15:10休憩
15:10~16:10超高真空:分子線エピタキシー技術の基礎長谷川 繁彦(大阪大学)
16:10~16:40質問・相談コーナー
閉会あいさつ部家 彰(兵庫県立大学)

※各講義時間には10分間の質問シート/記入質問時間を含んでいます(各日の最終講義を除く)

参加・お申し込み方法

一般学生
日本表面真空学会 個人会員17,000円(10,000円)3,000円
日本表面真空学会 法人正会員・維持・賛助会員協賛団体会員18,000円(11,000円)4,000円
非会員22,000円(13,000円)5,500円 ※1

カッコ()内は1日のみ参加の場合
※1 学生会員(年会費 2,000円)に入会いただきますと参加費が3,000円となります

みずほ銀行 本郷支店 普通預金2720673 公益社団法人日本表面真空学会

200名

2022年8月23日(火)
ただし、参加費お振り込みが8月15日(月)以降の場合、テキストの配送が講座開催後となる場合があります

お申し込みはこちらから

公益社団法人日本表面真空学会関西支部 役に立つ真空技術入門講座事務局 部家 彰(兵庫県立大学)
Tel: 079-267-4909(兵庫県立大学工学研究科・部家居室) E-mail: syoiin-yakunitatsu@jvss-kansai.jp